地下鉄五橋駅から徒歩1分。高専入試/高専のための学習塾。ネット授業にも対応。

【特別企画】みんなのテレワークKOSEN オープンキャンパス

  • HOME »
  • 【特別企画】みんなのテレワークKOSEN オープンキャンパス

スクリーンショット 2020-07-26 15.42.49

コロナに負けるな!緊急特別企画第2弾!!

未だに予断を許さない状況である新型コロナウイルスの蔓延。
全国の高専では始業が遅れ、オープンキャンパスさえも中止なってしまうという非常事態。
高専受験生の皆さんは、この状況にさぞ不安を感じていることと思います。

そんな高専受験生の皆さんのために何かできることはないか?

ナレッジスタースタッフ一同、真剣に考え、緊急特別企画第2弾を実施することとなりました!
題して、『みんなのテレワークKOSEN オープンキャンパス』!!

みんなのテレワークKOSENとは

スクリーンショット 2020-03-31 17.50.35

「みんなのテレワークKOSEN」は、コロナに負けるな!緊急特別企画第1弾として、2020年4月に2週間限定で開校した【家で学べるオンラインKOSEN】です。
スマホ、パソコン、タブレットで見られる「神授業LIVE(生配信)」をコロナウィルスで始業が遅れた計250名超の新高専生が受講し、大成功で幕を下ろしました!!

前回は新高専生に、今回は高専受験生の君に!

新型コロナウイルスの拡大により、全国の高専でオープンキャンパスが中止になるという事態が起こっています。
本来オープンキャンパスは、受験生が実際に志望高専を訪れ、その思いを確かめ、高専受験に向けた第一歩を踏み出す大事大事なきっかけの一つ。
それが奪われてしまった今、高専受験を考えている皆さんはさぞ不安に思っていることでしょう。

高専ってどうやったらいけるんだろう?
普通の受験と何が違うんだろう?
高専では何ができるんだろう?
OCで聞こうと思ってたのに、、、
etc…

今年はこの緊急事態に、ナレッジスターが代わって皆さんの不安や疑問を全て解消します!!

バーチャルオープンキャンパス、開催!

皆さんに高専のことをより深く知ってもらうべく、オンライン(YoutubeLive)にて、ナレッジスターオープンキャンパスを開催します!
参加方法はお手元のPC/スマートフォン/タブレットからYouTubeを開くだけ!!
高専入試を検討している皆さんはこの機会に是非是非ご参加ください!!

 

【日時】8月2日(日) 13:00~16:00 (終了時刻は多少前後する可能性がございます。)

【参加方法】YouTubeLive (詳細は下記)
こちらから今すぐ参加!!

【料金】無料

【タイムテーブル】

13:00〜 開会の挨拶

13:05〜 講義『高専とその後の進路 3年次編入について』森楓

    高専は就職に強いだけではなく、進学に強いことを知っていますか?高専卒業後は専攻科に行くだけではなく、大学3年生として入学できる制度があります。就職としてだけではなく、大学へ行くためのルートのひとつとして、高専を考えてみませんか?

13:20〜 講義『高専生の将来の進路大公開 & 人生で大切なこと教えます』菅野 流飛(りゅーかん)

    高専キャリア代表のりゅーかん氏が「高専生の将来の進路」に関する様々な調査を公開し、また、人生で本当に大切な考え方を教授します!

13:35〜 対談『高専入試徹底解説&攻略法~君が高専生になるために~』明松真司,杉本学

    高専入試の仕組みから受験における勉強法、そしてコロナウイルスが及ぼす入学試験への影響まで、塾を経営する超実力派二人が徹底的に話し合います!

14:05〜 講義『高専卒の進路の可能性』太田魁

    高専は進路が「限られる」なんて巷では言われます。確かにこれは間違っていません。しかし、不正確な情報です。
    高専生活と卒業後の「大学進学」について、実体験をお話しいたします。

14:20〜 模擬授業『生物入門 ~ 細菌とウイルスの違いを理解しよう ~』太田魁

    昨今話題の新型コロナウイルス感染症。今年に入って「ウイルス」という言葉を聞かない日はないと思います。
    しかし、多くの人が 「細菌」と「ウイルス」が混同されてるのではないかと思っています。この機会にしっかり説明します!

14:50〜 模擬授業②『人工知能と数学』明松真司

    いまだに世間を騒がせ続ける「ディープラーニング」を筆頭とした「人工知能(AI)」。実はその根底には「数学」の凄まじい力が作用しています。皆さん、「受験」のために勉強するのが数学だと思っていませんか?数学って、実は「世界一役に立つ」学問なんですよ。AIと数学の美しすぎる関係を、余すところ無く、誰にでも分かるように解説します。

15:20〜 キャンパスツアー

    スタッフが実際に仙台高専に潜入!!VTRを通して高専の様子を一緒に見て回ろう!

15:40〜 対談②『高専生活、完全解説!〜高専はこわくない!〜』明松真司,杉本学

    『高専とはそもそもどんなところなのか』ということから、『入学後の勉強法』、さらには『大学編入』について!
    気になるワード、『留年』や『赤点』の実態についてもリアルな視点から徹底討論します!!

16:00〜 質問大回答会 明松真司,杉本学

    画面の前にいるそこの君の様々な質問をリアルタイムで大回答!!不安なことは質問で解消して高専受験へと踏み出そう!!

【本日の講義資料の一部はこちらからもう一度ご覧いただけます!】

 

参加方法

以下のYouTubeチャンネルから当日8/2(日)13時から(12;30開場)生配信にてオープンキャンパスを行います。
事前にチャンネル登録をしていただきますと、配信開始時にお知らせが届く機能等もございます。
ぜひご活用ください。

こちらから今すぐ参加!!

ナレッジスター 高専入試/高専塾 #みんなの高専チャンネル

実際のオープンキャンパス同様、いつ見に来ても、いつ視聴を終了しても大丈夫!!
興味のある講義のみのご参加も大歓迎です!!

講師陣

明松 真司 ( Akematsu Shinji )

i_DLD5v7_400x400

北海道釧路市生まれ。 釧路高専情報工学科卒業後、東北大学理学部数学科→大学院まで進学(修士中退)。高専向け学習塾「ナレッジスター」を創業し、AIやプログラミング、数学などの社会人向け入門研修を傘下に行う「合同会社Haikara City」代表。新進気鋭の高専教育集団「Kosen Educators」代表。WEB授業企画『みんなのテレワークKOSEN』は、全国から250名の受講者数を記録。
仙台コミュニケーションアート専門学校講師(AI)、宮城県情報サービス産業協会MISA講師(プログラミング言語/AI)、仙台応用情報科学研究振興財団講師(AI)、JSC株式会社顧問(AI)、著述業、Youtuber活動、音楽活動等、幅広い分野で活動を行っている。
著書『線形空間論入門』(プレアデス出版)、『徹底攻略 ディープラーニングG検定問題集』(インプレス)。

杉本 学 ( Sugimoto Manabu)

iOS の画像 (2)

北九州高専/専攻科物質化学工学専攻を卒業後、奈良先端大学院/物質創成科学研究科へ進学する。現在は福岡県篠栗町にて、父が設立した学習塾”一心塾”の後継ぎとして日々子供たちに受験指導を行う。高専にはスポーツ推薦で合格。野球部のエースとして高専大会ではチームを九州大会優勝、全国3位に導く。一方で勉強に関しては高専1年時に最下位を経験。自暴自棄になり勉強に手が付かず何度も留年の危機に陥る。『高専を退学するきっかけ』として始めたカナダ留学を機に、勉強に目覚め、帰国後は猛勉強し、大学院進学を果たす。かつて最下位だった経験をもとに高専志望者の疑問に答える。

菅野 流飛 ( Kanno Ryuhi )

りゅーかん@DMM.make

東京高専卒業。東京工業大学大学院博士後期課程進学。 Speee入社後、リブセンス事業部長、リクルート事業開発など、 IT業界でベンチャー企業から大手企業まで渡り歩いてきた。プロ フェッショナル領域は「ウェブマーケティング」「事業推進」「事 業開発」「組織開発」である。 2015年よりライフワークとして東京高専でのキャリア教育セミナ ーや高専特化型クラウドファンディングなどを運営。2017年に当 社設立。2020年にみらい創造機構グループに完全子会社として参 画し、高専及び東工大に特化したキャリア開発プラットフォーム の構築を推進している。 株式会社みらい創造機構執行役員。高専DCON実行委員。東京高 専同窓会役員。情報経営イノベーション専門職大学客員教授。

森 楓 ( Mori Kaede)

iOS の画像 (4)

苫小牧高専/物質工学科生物コースを卒業後、今年度に長岡技術科学大学情報・経営システム工学課程へ特待生として3年次編入した。高専は一般受験で合格。中3の夏休み中に過去問15年分を満点になるまでやり、翌年4月段階で高専1年で学ぶ数学を全て予習した状態で入学。最高席次1位。趣味は宇宙物理学で、物質工学科に居ながらも独学で一般相対性理論を学び、高専時代にはブラックホールをテーマとした研究を行った。大手個人塾で約2年間の講師経験あり。高専に合格するだけではなく、その後突き抜けた存在になるには何をしたらいいか、具体的なアクションプランを提供する。

太田 魁 ( Ohta Hajime )

函館高専 情報工学科の卒業生。1年生の時は全く勉強しない学生だったこともあり、ほとんどの科目で赤点を経験した。1年の終了時に数学の魅力に取り憑かれ、そのまま理学部数学科に編入学。その後、大学院の理学研究科に進学して数学を学んだ。修士課程在学中に医学部に進学することを決心し、猛勉強の末、医学部に編入。勉強に躓いた経験を活かそうと、高専在学時より継続して数学の科目指導を行なってきた。現在は医学部医学科の第2学年。実際の高専生活・卒業後の生活など、なんでもご相談ください。

PAGETOP