鹿児島高専(鹿児島県)入試対策|2022最新情報まとめ

Share on facebook
Share on twitter

以下のような盛り沢山の内容をまとめました。

目次から自分の見たい項目だけを見に行ってもOKです。


この記事を読むとわかること

  • 鹿児島高専ってどんな高専?
  • 鹿児島高専はどんな生徒を求めてる?
  • 鹿児島高専と一般的な高専の入試制度の違いとは?
  • 鹿児島高専の入試倍率
  • 鹿児島高専合格最低点・平均点
  • 鹿児島高専の偏差値とレベルが近い高専、高校一覧
  • 鹿児島高専への入試出願方法
  • 鹿児島高専の卒業後にはどんな進路が選べる?
  • 鹿児島高専の学費と奨学金制度
  • 鹿児島高専受験生からのよくある質問

鹿児島高専の特徴

学科の種類

学科は、機械工学科、電気電子工学科、電子制御工学科、情報工学科、都市環境デザイン工学科の5つです。

学生総数と男女比率(男子学生数・女子学生数)

学生総数:1,050人

男子学生:876人、女子学生:174人

男女割合(女子比率):約17%

令和4年4月現在

引用・参考 鹿児島高専 現員

寮生総数と男女比率(男子寮生数・女子寮生数)

寮生総数:497人

男子寮生:407人、女子寮生:90人

男女割合(女子比率):約18%

鹿児島高専の偏差値

鹿児島高専の偏差値は66、全国の高専の平均は62.2です。

鹿児島高専の特徴

  • 1年生から私服通学
  • 1年次は各科混合のクラス編成、2年次より各科に分かれます。
  • 1時限90分授業で4時限まででゆとりがあります。その後はわからない部分の勉強ができます。
  • グローバルな人材育成のため、海外研修や海外インターンシップも充実。
  • 就職率100%の実績。
  • 国立大学への編入も可能、面接のみで受験戦争がありません。
  • 学生食堂、コンビニも高専内にあります。

鹿児島高専が求める人材像の要約(アドミッションポリシー)

準学士課程の学習・教育到達目標に共感し、この目標達成にふさわしい素質と能力のある人を受け入れます。特に、次のような人を求めています。

  1. 論理的な思考ができる人
  2. もの作りが好きな人
  3. コミュニケーション能力のある人
  4. 21世紀の世界を支える技術者として、大いに活躍したいという夢のある人

学科ごとの生徒育成目標内容の要約(ディプロマポリシー)

電気電子工学科電気電子工学科では、「電気電子・情報通信技術の基礎を着実に修得し、ハードウェアとソフトウェアの融合技術を含めた多様な分野において、新たな社会的価値創出に対応できる技術者」および「創造性に優れ人格的に立派な国際的に通用する技術者」の育成を目標としています
情報工学科情報工学科では、「ソフトウェアやハードウェアはもちろん、それらに係わる情報セキュリティに対応できる技術者」および「創造性に優れ人格的に立派な国際的に通用する技術者」の育成を目標としています
都市環境デザイン工学科都市環境デザイン工学科では、「建設技術を通して様々な社会問題に対応できる技術者」および「創造性に優れ人格的に立派な国際的に通用する技術者」の育成を目標としています
令和5年度|鹿児島高専|学科ごとのアドミッションポリシーの要約

鹿児島高専|募集要項の要点まとめ

鹿児島高専入試の選抜方法

  1. 推薦入試
  2. 学力入試
    • 学力検査による選抜
    • 帰国生徒特別選抜

鹿児島高専の募集定員

学科学科定員推薦(令和4年度実績)学力定員(令和4年度実績)帰国生徒特別選抜定員
機械工学科40名20名程度(12名)20名程度(30名)若干名
電気電子工学科40名20名程度(16名)20名程度(26名)若干名
電子制御工学科40名20名程度(21名)20名程度(21名)若干名
情報工学科40名20名程度(20名)20名程度(22名)若干名
都市環境デザイン工学科40名20名程度(21名)20名程度(20名)若干名
令和5年度|鹿児島高専の募集定員

鹿児島高専入試日程・出願受付締切日・合格発表日

鹿児島高専 推薦入試日程

出願受付締切日:2022年12⽉27⽇(火)まで

検査日:2023年1⽉14⽇(土)面接あり

合格内定発表:2023年1月24日(火)11時

合格発表⽇(入学手続き説明会):2023年3⽉2⽇(木)

鹿児島高専 一般学力入試日程

出願受付締切日:2023年2⽉1⽇(水)まで

検査日:2023年2月12日(日)集団面接あり

合格内定発表⽇:2023年2⽉20⽇(月)11時

合格発表⽇(入学手続き説明会):2023年3⽉2⽇(木)

※帰国生徒特別選抜日程も同様

後期学力入試日程

未定

鹿児島高専 二次募集(昨年度)

実施実績なし

鹿児島高専の推薦入試の選抜方法

出願資格の要約

必須条件:合格した場合は必ず⼊学する、と約束できる⼈(第2志望学科で合格した者も含む

以下いずれかの条件を満たす者

中学校2年次及び3年次の絶対評価で表した9教科成績5段階評定の総計が74以上の者

同上総計が70以上で以下のいずれかの要件を満たすもの

①生徒会長または生徒会副会長であった者

②体育系部活動で、次の基準以上の成績を収めた者

・地区予選を経て都道府県大会へ出場した者

・市や郡の大会において優勝した者、あるいは準優勝した者

・地区予選を経ない都道府県大会で、8位以上の成績を収めた者

※団体競技においては、正選手として活躍した者

③校外体育系クラブチームに所属する者については、都道府県大会8位以上の成績を収めた者

※団体競技においては、正選手として活躍した者

④文化系部活動又は校外の文化活動で都道府県水準以上の大会において、顕著な成績を収めた者

志望学科の選択方法

推薦選抜は、第1志望を優先して合否判定を行い、合格枠が残っている学科についてのみ、第2志望で合否判定します。

第2志望で合格した場合でも必ず入学しなければなりません。 第2志望は希望するかしないかは選択できます。

志望学科の変更について  志望学科を変更せずに受験するときは、出願書類等の再提出及び検定料の再納入の必要はありませんが、志望学科を変更して受験するとき(第2志望、第3志望を変更する場合も含む)は、出願書類等の再提出及び検定料の再納入が必要となります。 推薦選抜では第2 志望学科まで選択できますが、推薦志願の願書を提出する際に、学力選抜に備えて第3志望まで記載しておくことをお勧めします。

推薦選抜の評価方法

調査書/面接

調査書、推薦書及び一人当たり10分程度の面接の結果をもとに総合判定します。

推薦選抜は第1志望を優先して合否判定を行い、合格枠が残っている学科についてのみ、第2志望で合格判定します。第2志望で合格した場合でも必ずその学科で入学しなければなりません。(第2志望の選択あり)

鹿児島高専の学力入試の選抜方法

学力検査

※学力検査は理科、英語、数学、国語の4教科社会のテストはありません

科目理科英語数学国語合計
配点100点100点100点×2100点500点満点

※学⼒検査の解答⽅法は,マークシート⽅式で⾏います。

調査書

評価の対象配点
2年間(2年3年次)9科目の内申点の合計90点満点

※9教科5×9の2年次と3年次、つまり5×9×2=90点となります。

よって当日の学力検査が重要で、考え方によっては学校の成績があまり良くなかったとしても学力検査で頑張れば合格可能性が高いという事がいえる。

鹿児島高専と一般的な高専の入試制度の違いまとめ

  • 複数校受験ができる
  • 数学傾斜配点で得点が2倍
  • 調査書は2年、3年次の評定が重要
  • 学力選抜で社会のテストが無い

鹿児島高専の入試倍率

学科名推薦入試倍率学力入試倍率
機械工学科1.00倍1.36倍
電気電子工学科1.00倍1.04 倍
電子制御工学科1.14倍0.89倍
情報工学科2.45倍3.15倍
都市環境デザイン工学科1.10倍1.11倍
令和4年度|鹿児島高専の入試倍率

鹿児島高専合格点・平均点

学科名推薦入試倍率学力入試倍率
機械工学科1.00倍1.36倍
電気電子工学科1.00倍1.04 倍
電子制御工学科1.14倍0.89倍
情報工学科2.45倍3.15倍
都市環境デザイン工学科1.10倍1.11倍
令和4年度|鹿児島高専の入試倍率

※総合点(500点換算)は、数学200点、他教科100点で計算

※小数点第2位を四捨五入しているため、合計値が一致しない場合がある

鹿児島高専の入試問題と受験対策方法

鹿児島高専と偏差値が近い高専

  • 石川高専(偏差値:66)
  • 北九州高専(偏差値:66)
  • 仙台高専(偏差値:65)

鹿児島高専と偏差値が近い公立高校

  • 鹿児島中央高校 普通科(偏差値:67)
  • 鹿児島市立鹿児島玉龍高校 普通科(偏差値:65)

鹿児島高専と偏差値が近い私立・国立高校

  • 池田高校 普通科 (偏差値:68)私⽴
  • 鹿児島純心女子高校 普通科 5特進アコース(偏差値:67)私⽴
  • 志學館高等部 普通科 (偏差値:67)私⽴

鹿児島高専からの大学進学実績 (令和4年3月卒業者)

鹿児島高専専攻科、熊本大学、鹿児島大学、九州工業大学、九州大学、長岡技科大学、豊橋技科大学、宮崎大学、佐賀大学、東京工業大学など73名。

※なお、進学決定率(進学者数/進学希望者数)**99%**です。その内42名の役59.2%の人は推薦合格者でしかも面接のみが60%!受験戦争がありません!

鹿児島高専からの就職先

求人倍率は21.5倍!(求人企業数/就職希望学生数)学生1人が21社以上の企業から選択できる。

卒業生の実力は高く評価され、産業界、官公庁の各方面から毎年多くの求人があります。

就職率(就職者数/就職希望者数)**99%**です

学科名機械⼯学科電気電子⼯学科電子制御⼯学科情報工学科都市環境デザイン工学科
主な就職先㈱IHI プラント、SCSK ニアショアシステムズ㈱、旭化成㈱、九州電力㈱、京セラ㈱鹿児島国分工場、京セラ㈱鹿児島隼人工場、㈱カンセツ、神鋼テクノ㈱、㈱タダノ、中部電力㈱、㈱東研サーモテック、東京ガス㈱、など㈱J-Power ハイテック、㈱SUBARU、旭化成㈱、アドバンスドプランニング㈱、㈱鹿児島データ・アプリケーション、京セラ㈱鹿児島川内工場、京セラ㈱国分工場、九州電力㈱、㈱九州タブチ、新明和工業㈱、などアイリスオーヤマ㈱、旭化成㈱、関西電力㈱、㈱カンセツ、京セラ㈱国分、ダイダン㈱、東レ㈱、㈱トヨタシステムズ、日本オーチス・エレベータ㈱、日本精工九州㈱、パナソニック㈱インダストリアルソリューションなどPayPay カード㈱、㈱アソウ・アルファ、㈱アルテックス、鹿児島テレビ㈱、関西電力送配電㈱、京セラ㈱国分工場、京セラコミュニケーションシステム㈱、ソフトバンク㈱、㈱タマディック、㈱ファインデックス、などオリエンタル白石㈱、コーアツ工業㈱、㈱国分ハウジング、五洋建設㈱、サンコーコンサルタント㈱、㈱大進、中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京㈱、南生建設㈱、西日本高、速道路エンジニアリング九州㈱、など

鹿児島高専の入学料・受験料・奨学金制度

入学時に要する諸経費

おおよそ次の通りです(令和5年度予定額)

入学料84, 600円
授業料前期に 117, 300円、後期学期に117,300円納入
教科書・実習服他約90, 000円(学科によって多少異なる場合があります。)

※授業料は前期・後期に区分して納入します。その他経費が必要な場合があります。

受験料

推薦による選抜16,500円

学力検査による選抜16,500円

別途振込手数料等がかかります。

推薦による選抜に不合格になった場合の一般入試時の受験料の取り扱い

推薦による選抜に不合格になった場合に「学力検査による選抜」を希望するときは、あらかじめWeb出願システムで入力の際、学力検査受験希望の「希望する」を選択することにより「学力検査による選抜」(令和5年2月12日(日)実施)を受験することができます。

①志望学科を変更せずに受験する場合

・検定料:再納入の必要はありません

・Web出願システム:「本科 学力選抜※推薦と同一学科を再受験」から再出願をしてください。

②志望学科を変更(第2志望、第3志望を変更する場合も含む)して受験する場合

・検定料:再納入の必要があります

・Web出願システム:「本料 学力選抜※初受験、推薦と別学科再受験/帰国生徒特別選抜」から再出願をしてください。

③学力検査受験希望の「希望しない」を選択して出願し、再度受験希望する場合

・検定料:再納入の必要があります

・Web出願システム:「本科 学力選抜※初受験、推薦と別学科再受験/帰国生徒特別選抜」から再出願をしてください。

就学支援金について

本科1年生から3年生(入学後36ヵ月間)については、定められた所得判定基準(年収910万円程度)未満の世帯が就学支援金支給の対象となり、月額9,900円(年額118,800円)の就学支援金が支給されます。また、保護者の所得に応じて一定額が加算される場合があります。 4年生、5年生及び専攻科生では、高等教育の就学支援新制度対象校となっており、支援対象基準を満たす場合は給付奨学金や授業料減免の支援を受けることが可能です

鹿児島高専の受験会場

〒899-5193 鹿児島県霧島市隼人町真孝1460−1

鹿児島工業高等専門学校

鹿児島専のオープンキャンパス情報

ホームページより「バーチャルオープンキャンパス」へ、YouTubeで詳しい各科の内容を知ることができます。

コース案内
Img_HighSchool.png
高専受験生
高専を目指す中学生向けに
高専入試対策コースや
高専模試、短期講習など
様々な学習コースをご用意しています。
Img_Student-1.png
現役高専生
現役高専生向けに
大学編入対策コースや
定期試験対策コースなど
様々な学習コースをご用意しています。