舞鶴高専入試対策(京都府)|2024年最新情報まとめ

以下のような盛り沢山の内容をまとめました。

目次から自分の見たい項目だけを見に行ってもOKです。

この記事を読むとわかること


この記事を読むとわかること

  • 舞鶴高専ってどんな高専?
  • 舞鶴高専はどんな生徒を求めてる?
  • 舞鶴高専と一般的な高専の入試制度の違いとは?
  • 舞鶴高専の入試倍率
  • 舞鶴高専合格最低点・平均点
  • 舞鶴高専の偏差値とレベルが近い高専、高校一覧
  • 舞鶴高専への入試出願方法
  • 舞鶴高専の卒業後にはどんな進路が選べる?
  • 舞鶴高専の学費と奨学金制度
  • 舞鶴高専受験生からのよくある質問

舞鶴高専の特徴

学科の種類

学科は、機械工学科、電気情報工学科、電子制御工学科、建設システム工学科の4つです。

学生総数と男女比率(男子学生数・女子学生数)

学⽣総数:781⼈

男⼦学⽣:647⼈、⼥⼦学⽣:134⼈

男⼥割合(女性⽐率):約17%

(令和4年4月現在)

寮生総数と男女比率(男子寮生数・女子寮生数)

寮⽣総数:約568⼈

男⼦寮⽣:460⼈、⼥⼦寮⽣:108⼈

男⼥割合(女性⽐率):約19%

(令和4年4月現在)

舞鶴高専の偏差値

舞鶴⾼専の電子制御工学科の偏差値は62、他の学科は61です。全国の⾼専の平均は62.2です。

舞鶴高専の主な特徴

  • 多くの運動部や文化部の活動があり、同好会、研究会などもあり充実した学生生活を送れます。
  • 高専ロボコンの他、プログラミングコンテスト、デザコン、Hondaエコマイレッジなど多くのコンテストに参加し、好成績を収めている。
  • 卒業生の約40%は国立大学等へ編入進学、約60%が就職している。
  • 就職率はほぼ100%、求人倍率は40倍以上、専攻科卒は100倍以上と多くの企業から舞鶴高専の生徒を求められています。
  • 制服はなく、学生らしい服装であれば自由です。
  • 全国高専ロボコン2022近畿地区大会で特別賞を受賞。「春ロボコン2023(関西地区大会)」に1,2年生の2チームが参加し、準優勝した。
  • 舞鶴高専行ってみたら〇〇がすごかった…! – YouTube
    上記サイトから舞鶴高専のオープンキャンパスの様子を見ることができます。

舞鶴高専のアドミッションポリシー

求める人材像の要約

本科(準学士課程)では、以下の素養を有する人を求めています。
(1)「ものつくり」を通して、自立した人間を目指す人
(2)自ら学ぼうとする姿勢を持ち、本校入学までに教育機関で学習する内容を十分理解している人
(3)社会のルールを守って、いろいろな人と強調していける人

学科ごとのアドミッションポリシーの要約

(機械工学科)
 機械工学科では、理論と現象を正確に理解し、いろいろな事態に的確に判断でき、それを実行できる行動力を持った技術者の育成を目指しています。機械工学は、あらゆる「ものつくり」の基礎をなす学問であるからです。本学科では、次のような人の入学を期待しています。
〇「ものつくり」が好きな人、関心がある人
〇「自動車」「ロボット」や動くものが好きな人、関心がある人
〇将来、機械の開発、設計、製造、保守等の分野で世の中の役に立ちたい人

(電気情報工学科)
 電気情報工学科では、将来にわたって「発想の泉」となる工学基礎科目の上に立ち、電気・電子系及び情報系科目の幅広い分野を勉強します。本学科では、次のような人の入学をきたしています。
〇電気・電子、情報・通信分野に関心がある人
〇ハードウェア、ソフトウェアなどの「ものつくり」ができるようになりたい人
〇「自分の志」を抱いて、基礎科目を継続的に学習できる人

(電子制御工学科)
 電子制御工学科では、メカトロニクス技術者の育成を目指し、機械系、電子・電気系、制御・計測系及び情報系の幅広い分野を勉強します。本学科では、次のような人の入学を期待しています。
〇ロボットの設計製作や制御応用に関心のある人
〇電子回路やマイコンを使ったものつくりをしたい人
〇コンピュータや「もののしくみ」に興味を持ち、好奇心旺盛な人

(建設システム工学科)
建設システム工学科では、21世紀の住みよい社会を創ることを目的として、その計画、運営、維持を行うことのできる素養を身に付けるための勉強をします。本学科では、次のような人の入学を期待しています。
〇自然環境と調和した街づくりに熱意を持っている人
〇災害に強く、安全な社会づくりに興味を持っている人
〇建設技術に関する知識を修得し、地域社会の発展や国際貢献に関わりたい人

舞鶴高専|募集要項の要点まとめ

舞鶴高専入試の選抜方法

1. 特別選抜(地域創生型、一般推薦型)

2. 学⼒検査選抜

3. 帰国⽣徒特別選抜

舞鶴高専の募集定員 

募集学科 入学定員 募集人員
機械工学科 40名 特別選抜(地域創生型、一般推薦型)は入学定員の70%程度、 学力検査選抜(帰国生徒特別選抜を含む)は入学定員の30%程度
電気情報⼯学科 40名
電子制御⼯学科 40名
建設システム工学科 40名
160名
令和6年度|舞鶴高専|募集定員

舞鶴高専入試日程・出願受付締切日・合格発表日

舞鶴高専 推薦入試日程

地域創生型

出願受付締切⽇:2023年12⽉15⽇(金)まで。

検査⽇:2023年12⽉23⽇(土)面接あり

合格内定通知:2023年12月26日(火)11時

合格発表⽇:2024年1月11日(木)

一般推薦型

出願受付締切⽇:2023年12⽉22日(金)まで。

検査⽇:2024年1月6日(土)面接あり

合格発表⽇:2024年1月11日(木)10時

舞鶴高専 一般学力入試日程

出願受付締切⽇:2024年1⽉26日(金)まで。

検査⽇:2024年2⽉11⽇(⽇)

合格発表⽇:2024年2月15日(木)10時

舞鶴高専 帰国生徒特別入試日程

出願受付締切⽇:2024年1⽉26日(金)まで。

検査⽇:2024年2⽉11⽇(⽇)作文、面接あり

合格発表⽇:2024年2月15日(木)10時

舞鶴高専・二次募集

令和6年度の実施はありませんでした。
追加合格について
入学定員に満たない学科がある場合、学力検査不合格者の中から追加合格を行う場合があります。
提携高専による追専攻制度について
舞鶴高専と提携する和歌山高専において入学定員に欠員が出た学科がある場合、舞鶴高専学力検査で不合格だった者を対象として追選考を行う制度。この制度は高専への入学を強く希望する受験生が新たに試験を受けることなく申込でき、追選考を受けることができます。この制度での募集を行う場合は舞鶴高専、和歌山高専のホームページにて知らせます。

舞鶴高専の推薦入試の選抜方法

出願資格の要約

地域創生型
・中学校若しくは義務教育学校の後期課程若しくは中等教育学校の前期課程、又は文部科学大臣が中学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程(以下、「中学校等」という)を2024年3月までに卒業(修了)見込みの者。
・志望学科に関心があり、かつ、学科が求める適性を有するとともに入学意志が強固である者。
中学校等の第1学年、第2学年及び第3学年(義務教育学校については第7学年、第8学年及び第9学年)の9教科の学業成績が5段階評価で合計108(平均4)以上である者
・北近畿およびその周辺地域、あるいは志願者の出身地域に根ざした活動を通じ、将来の地域産業の担い手となる意欲がある者。(出身地は問いません)

一般推薦型
・中学校若しくは義務教育学校の後期課程若しくは中等教育学校の前期課程、又は文部科学大臣が中学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程(以下、「中学校等」という)を2024年3月までに卒業(修了)見込みの者。
・志望学科に関心があり、かつ、学科が求める適性を有するとともに入学意志が強固である者。
中学校等の第1学年、第2学年及び第3学年(義務教育学校については第7学年、第8学年及び第9学年)の9教科の学業成績が優秀である者

志望学科の選択方法 

特別選抜は、第1志望のみとする。(出願後の志望学科の変更は認めない。)
但し、特別選抜不合格となり、学力入試受験の場合に備えて、出願時に第2志望、第3志望まで希望できます。

推薦選抜の評価方法

地域創生型
推薦書/調査書/面接

実施種目 面接 調査書 合計
一般面接 地域面接
配点 90 45 270 405
令和6年度|推薦選抜(地域創生型)|配点

※「一般面接」では本校および志望学科のアドミッション・ポリシーに適合するかを評価します。
※「地域面接」では「地域に根ざした活動」(小中学生を対象とした出前授業、地域に根ざした課題解決型授業・卒業研究・課外活動、インターンシップ等)に対する考えを評価します。

一般推薦型
推薦書/調査書/適性検査/一般面接

実施種目 適性検査 一般面接 調査書 合計
配点 90 90 270 450
令和6年度|推薦選抜(一般推薦型)|配点

※適性検査は筆答試験(マークシート方式ではありません)とし、出題する教科は理科・英語・数学の3教科です。
※「一般面接」では本校および志望学科のアドミッション・ポリシーに適合するかを評価します。

舞鶴高専の学力入試の選抜方法

出願資格の要約

学力選抜に出願できるのは,次のいずれかに該当する者とします。
(1)中学校等を卒業した者(令和6年3月に中学校等を卒業見込みの者を含む。)
(2)中等教育学校の前期課程を修了した者(令和6年3月に修了見込みの者を含む。)
(3)文部科学大臣が中学校の課程と同等課程を有するものとして認定した在外教育施設の当 該課程を修了した者(令和6年3月に修了見込みの者を含む。)
(4)中学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められた者(令和6年3月に該当する 見込みの者を含む。)(学校教育法施行規則第95条)など。

志望学科の選択方法

志望学科は第3志望まで選択できます。
出願時に第2志望又は第3志望の欄も選択。志望しない場合は「なし」を選択する。

学力選抜の評価方法

調査書/学力検査
学力検査は筆答試験(マークシート方式)とし、出題する教科は理科・英語・数学・国語及び社会の5教科です。

科目 理科 英語 数学 国語 社会 調査書 合計
配点 100 150 150 100 100 400 1,000
令和6年度|学力選抜|配点

舞鶴高専の帰国生徒特別入試の選抜方法

出願資格の要約

出願資格は、日本国籍を有する者及び日本国の永住許可を得ている者で、保護者の海外勤務等に伴って外国において教育を受けた者(海外在住期間が中学校に相当する課程において通算して2年以上の者で、令和4年4月以降の帰国者)で、次のいずれかに該当する者とします。
(1)中学校を卒業した者又は令和6年3月に中学校を卒業見込みの者
(2)中等教育学校の前期課程及び文部科学大臣が中学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を修了した者又は令和6年3月に修了見込みの者
(3)外国において学校教育における9年の課程(日本における通常の課程による学校教育の期間を含む)を卒業(修了)した者又は令和6年3月に卒業(修了)見込みの者。

志望学科の選択方法

志望学科は第1志望に限ります。

帰国生徒特別選抜の評価方法

調査書/学力検査/作文/面接

学力検査は筆答試験(マークシート方式)とし、出題する教科は理科・英語・数学の3教科です。

科目 理科 英語 数学 作文 面接・調査書 合計
配点 100 150 150 100 200 700
令和6年度|帰国生徒特別選抜|配点

舞鶴高専と一般的な高専の入試制度の違いまとめ

  • 一般入試では英語、数学傾斜配点で得点が1.5倍
  • 推薦では地域創生型と、一般推薦に分かれており、一般推薦では3教科の試験があるが地域創生型ではこれが免除される。
  • 特別選抜、学力選抜でも調査書は重要視されている。
  • 一般学力検査では第3志望までできるが帰国生徒特別選抜では第1志望のみとなっている。
  • 和歌山高専と提携しており、和歌山高専に欠員が出た場合追選考を希望できる。

舞鶴高専の倍率

令和6年度 入試状況

学科名 募集人員 志願者数 志願倍率
機械工学科 40名 71 1.78
電気情報⼯学科 40名 54 1.35
電子制御⼯学科 40名 56 1.40
建設システム工学科 40名 55 1.38
合 計 160名 236 1.48
令和6年度|舞鶴高専|入試倍率

令和6年度入学者選抜より願書への性別記入を廃止したため、入試状況も性別による発表は行いません。

舞鶴高専合格最高点・最低点・平均点

非公開

舞鶴高専の入試問題と受験対策方法

舞鶴高専と偏差値が近い高専

  • 福井高専(偏差値:62)
  • 沖縄高専 (偏差値:61)
  • 香川高専(偏差値:61)
  • 新居浜高専(偏差値:61)

舞鶴高専と偏差値が近い公立高校

  • 南陽高校 普通科(偏差値:62)
  • 洛北高校 普通科(偏差値:62)
  • 西舞鶴高校 理数探究科(偏差値:61)

舞鶴高専と偏差値が近い私立・国立高校

  • 京都産業大学付属高校 普通科特進(偏差値:63)私⽴
  • 龍谷大学付属平安高校 選抜特進(偏差値:61)私⽴

舞鶴高専への入試出願方法

WEB出願の場合

出願手続きの詳細、様式は舞鶴高専公式サイト内にあります。

出願書類一覧

出願書類 特別選抜 学力選抜 帰国生徒特別 留意事項
①写真票  
②推薦書 学校長記入。
③調査書 学校長記入。
④入学誓約書  
➄検定料 16500円をWEB出願サイトで支払処理。
⑥海外在住状況説明書 出願者記入
令和6年度|舞鶴高専|出願書類一覧

帰国生徒特別選抜入試希望者は必ず舞鶴高専学生課教務課に連絡し、出願資格を確認してください。

舞鶴高専からの大学進学実績

卒業生のうち約40%が進学を希望し、高専の専攻科に入学、または大学の3年生に編入します。ほとんどの大学には高専からの編入制度があり、推薦と学力試験によって選抜されますが、高専でよく勉強をしていれば比較的容易に編入できます。試験日が異なるので多くの大学を受験することが可能です。さらに、2年間の専攻科を修了して、大学院へ進学する学生も少なくありません。

主な進学先は、舞鶴高専専攻科、長岡技科大学、豊橋技科大学、京都工芸繊維大学、岐阜大学、福井大学、千葉大学、金沢大学、信州大学、岡山大学、九州大学、立命館大学、など。

舞鶴高専からの就職先

卒業生のうち約60%が就職希望。そのうち就職率は、100%です。求人倍率は毎年35倍以上と多くの企業から舞鶴高専の生徒が高く評価され、求められています。
就職先は、民間企業がほとんどですが、公務員になる卒業生もいます。

主な就職先は
機械工学科
三菱重工業(株)、(株)堀場製作所、ダイキン工業(株)、三菱電機(株)、(株)村田製作所、トヨタ自動車(株)、本田技研工業(株)、(株)小松製作所、キャノン(株)、(株)クボタ、など。

電気情報工学科
パナソニック(株)、(株)イシダ、三菱電機(株)、日新電機(株)、富士電機(株)、日本放送協会、(株)オプテージ、NTTコムウェア(株)、アイテック阪急阪神(株)、TOA(株)、など。

電子制御工学科
パナソニック(株)、(株)京都製作所、ファナック(株)、関西電力(株)、京セラ(株)、三菱電機システムサービス(株)、(株)ジェイテクト、オムロン(株)、TOWA(株)、など。

建設システム工学科
大阪ガス(株)、(株)竹中工務店、西日本高速道路(株)、西日本旅客鉄道(株)、阪急阪神不動産(株)、NTTインフラネット(株)、大和ハウス工業(株)、(株)長谷工リフォーム、(株)URリンケージなど。

他に、舞鶴市、京都市、亀岡市などの公務員など。

舞鶴高専の入学料・受験料・奨学金制度

主な学費

 入学に必要な諸経費(令和5年度予定額)は、おおよそ次のとおりです。

費目 納期 金額
入学料   84,600円
授業料 前期分 117,300円
教科書 (学科により異なる) 約45,000円
教材 体操服・水着なども含む 約46,000円
研修旅行積立金 前期後期に分納 32,000円
学生会費 前期 2,500円
諸経費 前期 10,000円
令和6年度|舞鶴高専|入学後諸経費

授業料については、1~3年生は「高等学校等就学支援金制度」の対象となり大幅に減額されます。

受験料について

 推薦による選抜16,500円

 学力検査による選抜16,500円

 別途振込手数料等がかかります。

 推薦による選抜に不合格になった場合の一般入試時の受験料の取り扱い
 「推薦による選抜」の結果、合格内定とならなかった者は、「学力検査による選抜」を受けることができ、その場合、再度出願や検定料を納める必要はありません。

就学支援金について

  • 国立高等専門学校機構の制度による入学料・授業料の免除
  • 高等教育の修学支援新制度による入学料・授業料の免除
  • 日本学生支援機構給付・貸与奨学金
  • その他奨学制度がありますので詳細は担当係までお問い合わせください

高等学校等就学支援金制度 とは、家庭の状況にかかわらず、全ての意思のある高校生等が安心して勉学に打ち込める社会を作るため、国の費用により、生徒の授業料に充てる高等学校等 就学支援金を支給し、家庭の教育費負担を軽減するものです。 国立高等専門学校(第1学年~第3学年)の学生で定められた所得判定基準(年収910万円程度)未満の世帯が就学支援金支給の対象となり、月額 9,900円(年額118,800円)が支給されます。支給期間は、原則として通算36月です。なお、保護者等(学生の親権者等)の所得に応じて就学支援金の加算または、未支給となることがあります。

第4・5学年では、「大学等における修学の支援に関する法律」の公布・施行により、令和2年度以降、大学等の高等教育機関に入学する学生を対象として、家計基準・学力基準の条件を満たす方は、授業料の減免措置に加え、日本学生支援機構の給付型奨学金(原則返還不要)の支給を受けることができます(高等教育の修学 支援新制度)。本校はこれらの支援を行う対象機関として認定されました。また、経済的理由により、授業料の納付が困難であり、且つ、学業優秀と認められる者、又は風水害等による災害を受け納付が 困難と認められる者には、本人の願い出により選考の上、授業料の全額若しくは半額を免除し、又は その徴収を猶予する制度があります

また、日本学生支援機構の奨学金制度では、高等専門学校進学前に予約採用候補者を募集しています。予約採用については在学する中学校へお問い合わせください。

舞鶴高専の受験会場

  〒625―8511  京都府舞鶴市字白屋234番地 舞鶴工業高等専門学校

特別選抜及び帰国生徒特別選抜は本校のみでの受験です。
学力選抜は本校、京都、滋賀、三田、大阪会場の他、最寄り地等受験制度より全国の高専で受験可能です。

舞鶴高専のオープンキャンパス情報

  • 【オープンキャンパス】令和5年8月5日~6日
  • 【高専祭】11月3日~4日

行事以外で本校の施設見学等を希望する場合は、学生課教務係まで。

舞鶴高専受験生からのよくある質問

Q1.寮費について教えてください。
  寮にかかる費用

費目 納期 金額
寄宿料 月額 700円
食費(1日3食) 月額 27,600円
食堂運営費 月額 8,700円
学寮諸経費 月額 12,800円
寮生会費 月額 200円
令和6年度|舞鶴高専|寮費

Q2. 「特別選抜」で不合格になった場合、「学力検査選抜」を受験できますか?
特別選抜の出願手続時に、「特別選抜が不合格となった場合に学力検査による選抜の受験を希望する」の申請を行うことで、改めて学力検査による選抜のための出願手続きを行うことなく学力検査を受験することができます。この場合、検定料も不要です。

Q3. 「特別選抜」の面接と適性検査の内容はどのようなものですか?
面接は個人面接であり、本校のアドミッションポリシー、志望動機、課外活動、学習状況等について質問します。適性検査は、「理科」、「英語」、「数学」の3科目に関する基礎学力を問います。試験時間は各科目10分ずつです(科目間で評点の重み付けはしていません)。

Q4. 第1志望と第2志望、第3志望に差はありますか?
学力検査選抜では、志望学科に関係なく全受験生を高得点順に順位付けします。そして、高得点者の学科志望が優先されるように合格者を決定します。したがって、過去の志願倍率(難易度)に惑わされることなく、志望学科の順を決めてください。

Q5. どのような基準で学科を選べばよいでしょうか?
オープンキャンパス等、各種の入試広報行事に参加して、実際に体験して判断するのが良いでしょう。学科によって専門分野が異なるので、十分に考えてから決めてください。志願倍率に惑わされることなく、志望学科を決めてください。

Q6. 学力検査選抜の会場は舞鶴高専以外にもありますか?
舞鶴高専会場の他に学外4会場(京都会場・滋賀会場・三田会場・大阪会場)、計5会場において実施予定です。希望する受験会場を出願時に選択してください。なお、特別選抜の会場は舞鶴高専会場のみです。

Q7. 低学年で進路変更する学生はいますか?
残念ながら1・2年で退学して、普通高校や単位制・通信制の高校へ転校する場合があります。退学の理由としては、学業不振、出席不足、高専制度とのミスマッチなどがあげられます。また、3年での退学者のほとんどは3年を修了しており、高等学校卒業と同等と認められるため、大学への進学をする者や、専修学校へ進路変更する者があります。

Q8. 留年する学生はいますか? また、成績不良者に対する指導はどのようにしていますか?
高専では5年間で大学工学部相当までの専門知識を学ぶため、授業の難易度が高く、進度も速いです。また、実験レポートの提出もあります。そのため、残念ながら毎年、学業不振により留年する学生がおり、高校に比べて留年率は高いです。わからないことがあったら積極的に授業担当教員に聞くなど、自ら進んで学んでいく姿勢が重要です。成績不良者に対しては、授業担当教員やクラス担任が指導を行い、留年や成績不振による退学をできる限り減らすよう努力をしています。

Q9. 入学後、学科変更できますか?
2年進級時と3年進級時に転科を希望することができます。成績、希望学科の受け入れ可能な学生数を考慮して選考され、毎年、若干名が転科します。
過去5年間の転科の実績
令和3年度 2名(転科希望:3名)
令和2年度 1名(転科希望:2名)
令和元年度 2名(転科希望:4名)
平成30年度 2名(転科希望:3名)
平成29年度 1名(転科希望:2名)

Q10. 混合学級について、教えてください。
学科間の学際的交流を図る目的で、1・2年生は混合学級を編成しています(2年間同じクラス)。クラス編成に際しては「学科」、「男女」、「寮生」の割合などが均等になるように配慮しています。学科独自の専門科目のみ、学科ごとに授業を受けます。担任は人文科学部門・自然科学部門の教員です。3~5年生は、学科ごとのクラス編成となります。 担任は所属する専門学科の教員であり、進路指導も担当します。

Q11. 女子学生はどのようなクラブに所属していますか?
女子学生のみが所属するクラブとしては、女子バスケットボール部,女子バレーボール部があります。これ以外の多くの体育系・文化系のクラブ・同好会に女子学生が所属しています。ただし、男子バスケットボール部、男子バレーボール部、硬式野球部、サッカー部等、一部のクラブでは、女子学生はマネージャーとして所属しています。

Q12. 「授業料」又は「入学料」の免除制度はありますか? また、日本学生支援機構の奨学生はどうなっていますか?
2020年4月より始まりました高等教育の修学支援新制度において、対象となる学生は申請の上、授業料・入学料の減免を受けることができます。この新制度においては、日本学生支援機構給付型奨学金の支給も受けることができます(本科4・5年生、専攻科生対象)。また、家計の急変等に対応した授業料免除制度もあります(全学生対象、ただし要件があります)。入学料については、入学前1年以内に学資負担者が死亡した場合など、特別な場合に限られていますが、免除又は猶予の制度もあります。
日本学生支援機構貸与型奨学金については、日本学生支援機構奨学金規程に基づき、選考により奨学金が貸与されます

Q13. 高等学校等就学支援金の取り扱いについてはどうなっていますか?
高校と同様、高専に入学してから36ヶ月の間は「高等学校等就学支援金」の対象となります。

Q14. 車両の使用についての制限がありますか?
学内交通安全講習会の受講及び任意保険の加入を条件として、
・【通学生】2年生以上の学生は二輪車(400cc以下),4年生以上の学生には四輪車の使用が許可されます。
・【寮生】3年生以上の学生には二輪車(125cc以下)の使用が許可されます。

Q15. アルバイトはすることができますか?
【1・2年生】原則としてアルバイトを禁止しています。ただし、家庭の経済的理由等により必要が認められた場合に許可することがあります。
【3年生以上の本科生】本科生については、届を提出した場合認められます。いずれの場合も、学資、生活費、家計の補助を目的とし、学業に支障がなく、心身の安全が確保され、風紀を保つことができる場合のみ認められます。

Q16. 進路の支援体制について教えてください。
本校では、3~5年の学級担任を中心とした進路指導委員会により、組織的にキャリア教育を行っています。これら学級担任が学生一人ひとりの個性を把握し、進路活動をサポートしています。また、進路ガイダンス、合同学校説明会、キャリアセミナー等といったキャリア教育に関する様々なイベントを企画・運営しています。

この記事を読んだ人におすすめの記事
コース案内
Img_HighSchool.png
中学生
高専を目指す中学生向けに
高専入試対策コースや
高専模試、短期講習など
様々な学習コースをご用意しています。
Img_Student-1.png
高専生
現役高専生向けに
大学編入対策コースや
定期試験対策コースなど
様々な学習コースをご用意しています。