仙台高専の平成29年度学科改組って結局何なのよ? | 受験生&在校生目線でナレッジスターが分かりやすく徹底解説!!

Share on facebook
Share on twitter

仙台高専では平成29年に「学科改組」されました

仙台高専は当時次のような記事をWEB上に公開し,
けっこう,話題になっていました.

■ 平成29年度学科改組の概要 7学科から1学科3類8コースへ (仙台高専)
http://www.sendai-nct.ac.jp/news/2016/07/13/newly-004002.php

ちなみに学科改組は「がっかかいそ」と読みます.

1学科3類8コース??

「7学科から1学科3類8コースへ!!」
というふわっとした一文はご存じの方が多いのですが,
果たしてこの中身ってそもそもどーいうこと?? ということを
疑問に思われている方は,結構多いようです(特に受験生,在校生,そして保護者様).

ということで,この記事ではナレッジスターが
受験生,在校生,保護者目線で「仙台高専 平成29年度学科改組」について
限界まで分かりやすく解説していきます!!

従来の仙台高専

まず,従来の仙台高専は

  • 広瀬キャンパス(情報,電子系学科)
  • 名取キャンパス(電気,機械,建築系)

という2つのキャンパスに分かれていて,それぞれのキャンパス内に
以下の様な内訳で「学科」が存在していました.
(全学科,入試の定員は40人です.)

【従来】名取キャンパス,広瀬キャンパスに,こういう内訳で学科が割り当てられて存在.
【従来】名取キャンパス,広瀬キャンパスに,こういう内訳で学科が割り当てられて存在.

高専を受験するときは, 受験生は「どの学科に入りたいか」を選び,志望して受験します.

【従来】入試のときには「学科」を志望.
【従来】入試のときには「学科」を志望.

そして, 1年次ではキャンパスごとの「混合学級」で様々な講義が行われ,
2年次で, (基本的には)入学時に志望した学科に配属される.
というのが, 従来の高専生活の流れです.

それに対して,現在のコース制では…

学科改組では高専が次のように変わりました.

  • 7つあった学科が, 「総合工学科」という1学科だけに.
  • 各分野が8つの「コース」に分かれる.
  • 情報・電子系の3コースが「I類」,機械・電気系の3コースが「II類」,建築系の1コースが「III類」という「類」単位でくくられる.
  • I類は広瀬キャンパス, II類, III類は名取キャンパスで学ぶ.
  • 「応用科学コース」には, 各類から4年進級時に移籍可能.

ちょっとごちゃごちゃとしていますが, 以下の図を参照すると分かりやすいと思います.

【新】 学科改組で1学科3類8コース に.
【新】 学科改組で1学科3類8コース に.

入試は学科制の時と違うの?

さてさて, まずここで気になることが出てきます.
それは, 入試は違うの?? ということ.

結論からいうと, 「ちょっとだけ違う」のです.
というのも, 従来の入試では「行きたい”学科”を志望」していたのですが,
学科改組後からは,「行きたい”類”を志望」する形式になります.

【新】 入試では「類」を志望
【新】 入試では「類」を志望

そして, 1年次では混合学級(※1)で様々な分野の授業を受けて,
2年進級時に類の中で「コース選択」をして, 専門に特化します.

【新】 1年次は混合学級.2年進級時にコース選択.
【新】 1年次は混合学級.2年進級時にコース選択.

ざっくり噛み砕き

つまり, 従来の入試では, 受験生は例えば「情報システム工学科」に行きたい!! と言って入試を受けなければならなかった訳です. これってつまり「情報システム工学をやりたい!!」って, 中学を卒業してすぐに宣言させられているようなもの.
しかし,中学卒業の段階でそこまで未来のことを考えている学生がどれだけいるかって, そんなに居るわけがないんですよ.

例えば先程の受験生は学科改組後に受験をする場合,入試時に「I類に入りたい!」と言えば良いことになります.
つまり「情報・電子系をやりたい!!」と「ざっくりと宣言すれば良い」ということ.
 中学卒業→何がやりたいのかを「まずはざっくりと」宣言→2年進級時に細かく決める
という,段階的な分野決定が可能になったと言えるでしょう.

入試題は特に今までと変わらず統一されたものを受験することになります.

それと,定員の内訳は以下のとおりです.

bosyuzinin推薦と学力は募集人員が半分ずつ.
全体としての定員は,改組後と改組前では変わりませんでした.

何気に目玉なのは「応用科学コース」

で,皆さんもうお気づきかもしれませんが,
「応用科学コース」という何やら異彩を放ったコースが存在します.

【新】 「応用科学コース」が登場.
【新】 「応用科学コース」が登場.

この「応用科学コース」は,

  • どの類にも属さない.
  • 入学時ではなく, 4年進級時, どの類からでも転籍できる
  • 数学や物理の専門的な内容を学ぶ.

つまり, どの類の学生でも, 4年に進級する際に

  • 応用科学に興味がある
  • 優秀である

という条件を満たしていれば, この「応用科学コース」に移って
数学,物理の専門的な学習,研究を行える
ということ!!

昨今の「理学部への大学編入が増えてきている」ということも
この応用科学コースの設置の理由なのかもしれませんね.
個人的には, このコースがめっちゃ羨ましいなぁと思います.

この「応用科学コース」については, また近いうちにこのブログで
詳しく分析をしてみたいと思います.

 学科改組前に入学した学生には「関係ありません」

H29年度以降の新入生については, 学科改組後のシステムに沿った
高専生活を送ることになりますが,
学科改組前から仙台高専に在籍している学生については,
学科改組の影響は受けず,「7学科制」のまま卒業をすることになります.

なので, H29年から5年が経過するまでは,
学校内に学科改組前クラスタ学科改組後クラスタの学生が混在する
という状況が生まれることになります.

まとめ

ということで結論ですが, 私は個人的には学科改組は「良い」変化なんじゃないかなぁ
と思っています. 仙台高専全体での定員も減っていませんし,
「応用科学コース」という, 非常に魅力的な選択肢も増えていますしね.

類によっては「倍率」に関する心配はありますが,
良い点数取れば合格できる!! ということは
改組前も後も変わりようのない事実なので,
一生懸命勉強して, 自分が一番行きたいところに臨む!!
というスタンスを崩さずに頑張っていれば, 合格の可能性は高くなって行くでしょう.

それと, 在学生は全く影響を受けないみたいなので,
今までどおりの高専生活を楽しみましょう笑

参考になっていれば幸いです

ということで, この記事が受験生の皆さん, 在学生の皆さん,
保護者の皆様にとって参考になっていれば幸いです!!
お読み頂きありがとうございました.

コース案内
Img_HighSchool.png
高専受験生
高専を目指す中学生向けに
高専入試対策コースや
高専模試、短期講習など
様々な学習コースをご用意しています。
Img_Student-1.png
現役高専生
現役高専生向けに
大学編入対策コースや
定期試験対策コースなど
様々な学習コースをご用意しています。