徳山高専入試対策(山口県)|2022年最新情報まとめ

Share on facebook
Share on twitter

以下のような盛り沢山の内容をまとめました。

目次から自分の見たい項目だけを見に行ってもOKです。

この記事を読むとわかること


この記事を読むとわかること

  • 徳山高専ってどんな高専?
  • 徳山高専はどんな生徒を求めてる?
  • 徳山高専と一般的な高専の入試制度の違いとは?
  • 徳山高専の入試倍率
  • 徳山高専合格最低点・平均点
  • 徳山高専の偏差値とレベルが近い高専、高校一覧
  • 徳山高専への入試出願方法
  • 徳山高専の卒業後にはどんな進路が選べる?
  • 徳山高専の学費と奨学金制度
  • 徳山高専受験生からのよくある質問

徳山高専の特徴

学科の種類

学科は、機械電気⼯学科、情報電子⼯学科、土木建築⼯学科の3つです。

学生総数と男女比率(男子学生数・女子学生数)

学⽣総数:647⼈

男⼦学⽣:465⼈、⼥⼦学⽣:182⼈

男⼥割合(女性⽐率):約28%

(令和4年5月現在)

寮生総数と男女比率(男子寮生数・女子寮生数)

寮⽣総数:105⼈
男子定員:120⼈、⼥⼦定員:25⼈

(令和4年4月現在)

徳山高専の偏差値

徳山高専の偏差値は68,全国の高専の平均は62.2です。

徳山高専の主な特徴

  • 1~3年⽣制服、4年以上から私服通学可能。
  • 就職率100%の実績。
  • 毎年新1年生対象で1泊2日の合宿研修があります。
  • 不安や悩みを気軽に相談できる学生相談室があります。
  • 就活やインターンシップの相談ができるキャリア教育支援室があります。
  • 外部資格(英検やCAD利用技術者など)の資格取得奨励制度があり、受験料等の報奨金があります。
  • 高専ロボコン2022中国地区大会で優勝、全国大会でロボコン大賞を受賞しました。

徳山高専のアドミッションポリシー

求める人材像の要約

本科では、以下のような人を求めています。

・数学と理科の基礎学力が身についている人

・信頼される技術者を目指し、コミュニケーション能力の基礎を身につけている人

・勉学や課外活動などに意欲を持って取り組んでいる人

・ものづくりが好きで、社会の発展に役立ちたいと考えている人

徳山高専|募集要項の要点まとめ

徳山高専入試の選抜方法

1. 推薦⼊試

2. 学⼒⼊試

3. 帰国⽣徒特別選抜

徳山高専の募集定員

 

学科 募集人員 推薦定員 帰国⽣徒特別選抜定員
機械電気工学科 40名 20名程度 若⼲名
情報電子⼯学科 40名 20名程度 若⼲名
土木建築⼯学科 40名 20名程度 若⼲名
令和5年度|徳山高専|募集人員

徳山高専入試日程・出願受付締切日・合格発表日

徳山高専 推薦入試日程

出願受付締切⽇:2023年1⽉11⽇(水)まで。郵送の場合は1月10日(火)まで。

検査⽇:2023年1⽉21⽇(土)作文、面接あり

合格内定通知:2023年1月26日(木)

合格発表⽇:2023年3⽉2⽇(木)

徳山高専 一般学力入試日程

出願受付締切⽇:2023年1⽉20⽇(金)まで。郵送の場合は1月19日(木)まで。

検査⽇:2023年2⽉12⽇(⽇)

合格発表⽇:2023年3⽉2⽇(木)10時

徳山高専 帰国生徒特別入試日程

出願受付締切⽇:2023年1⽉20⽇(金)まで。

※出願資格照会期限(必須) 令和4年12月16日(金)

※郵送の場合も、1月20日必着(消印有効ではありません)

検査⽇:2023年2月12日(日)

合格発表⽇:2023年3⽉2⽇(木)10時

徳山高専・二次募集

令和4年度の実施はありませんでした。

徳山高専の推薦入試の選抜方法

出願資格の要約

推薦入学を志願できる者は、次の各条件に該当する者で、中学校長が責任をもって推薦できる者とします。
(1)令和5年3月に中学校もしくは義務教育学校を卒業見込みの者又は中等教育学校の前期課程を修了見込みの者
(2)中学校又は中等教育学校の前期課程における2学年及び3学年の9教科の学業成績の総計が5段階評価で72以上の者(9教科の平均が4.0以上)又は5教科(国語,社会,数学,理科,英語)の学業成績の総計が5段階評価で40以上の者(5教科の平均が4.0以上)
(3)合格した場合、入学を確約できる者

 令和5年度入試において特別活動推薦入試は実施しません。

志望学科の選択方法

推薦選抜は、第1志望のみとする。(出願後の志望学科の変更は認めない。)
但し、推薦選抜不合格となり、学力入試受験の場合に備えて、第2志望まで希望できます。

推薦選抜の評価方法

調査書及び推薦書/作文/面接

調査書及び推薦書等の提出資料の内容。
作文
 ・コミュニケーション能力の基礎として日本語による表現力、ものづくりが好きであるかを評価
 ・与えられたテーマ(アドミッションポリシーに沿ったもの)で自分の意見を600字以内でまとめる。
一般面接(目的意識・意欲を見る)
 ・コミュニケーション能力や意欲、ものづくりが好きで、信頼される技術者を目指しているか、社会の発展に役にたちたいと考えているかを評価
 ・数学や理科に関連する基礎的なことがらについて、基本的な理解や論理的な考え方ができるかを問う。
以上から本校への適性を有すると判断したものを選抜。

徳山高専の学力入試の選抜方法

出願資格の要約

(1)中学校を卒業した者(令和5年3月卒業見込みの者を含む。)
(2)義務教育学校を卒業した者(令和5年3月卒業見込みの者を含む。)
(3)中等教育学校の前期課程を修了した者(令和5年3月修了見込みの者を含む。)
(4)外国において、学校教育における9年の過程を修了した者
(5)文部科学大臣が中学校の課程と同等課程を有するものとして認定した在外教育施 設の当該課程を修了した者(令和5年3月修了見込みの者を含む。)

志望学科の選択方法

第一志望、第二志望まで希望できます。第二志望は欠員補充を行う際に考慮されます。

学力選抜の評価方法

学力検査/調査書
※学力検査は理科、英語、数学、国語の5教科。数学2倍、理科1.5倍に換算。

理科 英語 数学 国語 社会 合計
150点 100点 200点 100点 100点 650点満点
令和5年度|徳山高専|入試配点

学力検査による選抜においては、本校の教育を受けるのに必要な素養と基礎学力を有した者を選抜するため、学力検査の結果と調査書の内容を総合的に評価します。
学力検査は筆記試験(マークシート方式)で、国語、英語、数学、理科、社会の5教科です。なお、数学と理科の基礎学力が身についているかを評価するため、他の教科に比べ、数学を2倍、理科を1.5倍に換算します。
(各教科100点、計500点で採点したものを、数学2倍、理科1.5倍に換算、合計650点満点とるす。)

調査書
調査書は主に十分なコミュニケーション能力の基礎を身につけているかを評価します。

徳山高専の帰国生徒特別入試の選抜方法

出願資格の要約

出願資格は、日本国籍を有する者及び日本国の永住許可を得ている者で、保護者の海外勤務等に伴って外国において教育を受けた者(海外在住期間が中学校に相当する課程において通算して2年以上の者で、令和3年4月以降の帰国者)で、次のいずれかに該当する者とします。
(1)中学校を卒業した者又は令和5年3月に中学校を卒業見込みの者
(2)中等教育学校の前期課程及び文部科学大臣が中学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を修了した者又は令和4年3月に修了見込みの者
(3)外国において学校教育における9年の課程(日本における通常の課程による学校教育の期間を含む)を卒業(修了)した者又は令和5年3月に卒業(修了)見込みの者

志望学科の選択方法

帰国生徒特別選抜の評価方法

学力検査/面接/調査書

帰国生徒特別選抜においては、筆記試験(マークシート)で、国語、英語、数学、理科の4教科を実施し、数学と理科の基礎学力が身についているかを評価するため、他の教科に比べ、数学を2倍、理科を1.5倍に換算します。(4教科各100点。合計400点満点で採点したものを、数学2倍、理科1.5倍に換算、合計550点満点とする。)
また、他の教科では主に十分なコミュニケーション能力を身につけているかを評価します。さらに一般面接(意欲、ものづくりが好きで社会の発展に役立ちたいと考えているか、信頼される技術者を目指しているかを評価)を行い、本校への適性を有すると判断した人を選抜します。

徳山高専と一般的な高専の入試制度の違いまとめ

  • 一般入試では傾斜配点で数学の得点が2倍、理科は1.5倍。
  • 推薦では作文、理科や数学の基礎を確認する面接もある。
  • 帰国生徒特別選抜では社会のテストがない

徳山高専の入学者数及び入試倍率

学科名 定員 志願者数 志願倍率 入学者数
機械電気⼯学科 40 74 1.85 40
情報電子⼯学科 40 101 2.53 41
土木建築⼯学科 40 102 2.55 42
120 277 2.31 123
令和4年度|徳山高専|入試倍率

徳山高専合格最低点

令和4年度学力入試合格者の学科別最低点

 学科 最低点
機械電気工学科 386
情報電子工学科 405
土木建築工学科 398
令和4年度|徳山高専|学科別学力最低点

※理科100点×1.5、英語100点、数学100点×2、国語100点、社会100点で650点満点。

徳山高専の入試問題と受験対策方法

徳山高専と偏差値が近い高専

  • 久留米高専(偏差値:68)
  • 明石高専 建築、都市システム工学科(偏差値:67)
  • 大分高専(偏差値:67)
  • 熊本高専(偏差値:67)

徳山高専と偏差値が近い公立高校

  • 山口高校普通科(偏差値:68)
  • 岩国高校 理数科(偏差値:67)
  • 徳山高校 普通科(偏差値:65)

徳山高専と偏差値が近い私立・国立高校

  • 高水高校 6年生普通科(偏差値:64)私⽴
  • 慶進高校 普通科アドバンスコース(偏差値:62)私⽴

徳山高専への入試出願方法

WEB出願の場合

出願手続きの詳細、様式は徳山高専公式サイト内にあります。

出願書類 推薦選抜 学力選抜 帰国生徒特別 留意事項
①入学願書 WEB出願サイト上必要事項を入力、検定料を支払う。 紙媒体の提出は不要。出願後の志望学科の変更不可、推薦は第1志望のみ、不合格時学力選抜に備え第2志望まで入力可能。但し、第2志望は欠員補充を行う際に考慮。
②写真票  
③受験票  
④推薦書 学校長記入。
⑤調査書 学校長記入。
⑥学習及び行動の記録一覧表 学校長作成。第3学年の第2学期までの記録。
⑦検定料 16500円をWEB出願サイトで支払処理。
⑧海外在住状況説明書 出願者記入
令和5年度|徳山高専|出願書類一覧

(注1)④推薦書及び⑤調査書の電子媒体様式は徳山高専ウェブサイトよりダウンロードできます。
徳山工業高等専門学校 (tokuyama.ac.jp)
中学校で保存している過去の様式を使用しない。
(注2)推薦選抜で不合格となり、学力選抜受験する場合、①入学願書、②写真票、③受験票、⑤調査書、⑦検定料の再提出、再登録、再納付は不要です。
(注3)推薦選抜で不合格となった者が帰国生徒特別に出願する場合は①入学願書、②写真票、③受験票、⑤調査書の再提出、再登録、及び⑦の検定料の再納入は不要です。⑧海外在住状況説明書は要提出。

徳山高専からの大学進学実績

卒業生のうち約40%が進学を希望し、高専の専攻科に入学、または大学の3年生に編入します。ほとんどの大学には高専からの編入制度があり、推薦と学力試験によって選抜されますが、高専でよく勉強をしていれば比較的容易に編入できます。試験日が異なるので多くの大学を受験することが可能です。さらに、2年間の専攻科を修了して、大学院へ進学する学生も少なくありません。

徳山高専専攻科、北大、東北大、千葉大、東大、東工大、大阪大、岡山大、広島大、山口大、九州大、九州工大、熊本大、筑波大、長岡技科大、豊橋技科大、立命館大など。

徳山高専からの就職先

高専卒業生の就職は、ほぼ100%です。求人倍率は機械33倍、情報19倍、土木13倍と常に高倍率を保っています。
就職先は、民間企業がほとんどですが、公務員になる卒業生もいます。

機械電気工学科
アイリスオーヤマ,宇部興産機械,NTT東日本グループ会社,HIVEC,鋼鈑工業,新明和工業,水ing,西部石油,東海旅客鉄道,東ソー南陽事業所,東洋製罐テクニカルセンター,日立産業制御ソリューションズ,日立交通テクノロジー笠戸事業所,深江化成,メタウォーターなど。

情報電子工学科
アイテック阪急阪神,アトラス情報サービス,NSウエスト,NTTデータフロンティア,NTTデータMSE,KDDIエンジニアリング,九州NSソリューションズ,東京ガス,東ソー情報システム,テルモ山口,トクヤマ,トクヤマ情報サービス,トヨタシステムズ,ニコン,中国電力ネットワーク,ハイマックス,パナソニックシステムソリューションズジャパン,日立ビルシステム,富士通Japan,富士電機,富士通ゼネラル,Phone Appli,三菱電機エンジニアリング神戸事業所,三菱電機エンジニアリング京都事業所,三菱電機エンジニアリング福山事業所など。

土木建築工学科
アイリスオーヤマ,INPEX,宇部建設コンサルタント,ENEOS水島製油所,NHKテクノロジーズ,車田建築設計事務所,シーエムエンジニアリング,ショーボンド建設,巽設計コンサルタント,東栄住宅,東海旅客鉄道,東京ガス,トクヤマ,中国電力,西日本高速道路,日本空港テクノ,三井住友建設,メタウォーター,洋林建設,若築建設,和田材木店,岩国市,国土交通省中国地方整備局など。

徳山高専の入学料・受験料・奨学金制度

主な学費

 入学に必要な諸経費(令和5年度予定額)は、おおよそ次のとおりです。

入学料 入学時 84,600円
授業料 前期分 117,300円
日本スポーツ振興センター掛金 年額 1,550円
学生会入会金   1,000円
学生会費 年額 4,000円
教科書、体育衣、実習服、 製図用具、マイコンボード等 (学科により異なる) 約85,000円~110,000円
令和5年度|徳山高専|主な学費

※授業料は、在籍36カ月の期間について申請により就学支援金の支給が認められた場合、世帯の課税額に応じて減額されます。
※上記の他、制服・教科書教材費等 約150,000円(学科により異なります。)が必要です。

受験料について

 推薦による選抜16,500円

 学力検査による選抜16,500円

 別途振込手数料等がかかります。

推薦による選抜に不合格になった場合の一般入試時の受験料の取り扱い
推薦による選抜」の結果、合格内定とならなかった者は、「学力検査による選抜」を受けることができ、その場合、再度出願や検定料を納める必要はありません。受験票は「推薦による選抜」のものを引き続き使用します。帰国生徒特別選抜も同様です(海外在住状況説明書のみ提出必要です)。

就学支援金について

(1)入学料・授業料減免制度

(2)高等学校等就学支援金制度

(3)奨学金制度などがあります。

高等学校等就学支援金制度 とは、家庭の状況にかかわらず、全ての意思のある高校生等が安心して勉学に打ち込める社会を作るため、国の費用により、生徒の授業料に充てる高等学校等 就学支援金を支給し、家庭の教育費負担を軽減するものです。 国立高等専門学校(第1学年~第3学年)の学生で定められた所得判定基準(年収910万円程度)未満の世帯が就学支援金支給の対象となり、月額 9,900円(年額118,800円)が支給されます。支給期間は、原則として通算36月です。なお、保護者等(学生の親権者等)の所得に応じて就学支援金の加算または、未支給となることがあります。

第4・5学年では、「大学等における修学の支援に関する法律」の公布・施行により、令和2年度以降、大学等の高等教育機関に入学する学生を対象として、家計基準・学力基準の条件を満たす方は、授業料の減免措置に加え、日本学生支援機構の給付型奨学金(原則返還不要)の支給を受けることができます(高等教育の修学 支援新制度)。本校はこれらの支援を行う対象機関として認定されました。また、経済的理由により、授業料の納付が困難であり、且つ、学業優秀と認められる者、又は風水害等による災害を受け納付が 困難と認められる者には、本人の願い出により選考の上、授業料の全額若しくは半額を免除し、又は その徴収を猶予する制度があります

また、日本学生支援機構の奨学金制度では、高等専門学校進学前に予約採用候補者を募集しています。予約採用については在学する中学校へお問い合わせください。

徳山高専の受験会場 

〒745ー8585  山口県周南市学園台 徳山工業高等専門学校

学力選抜では最寄り地等受験制度より全国の高専で受験できます。ただし、推薦選抜、帰国生徒特別選抜は本校での受験となります

徳山高専のオープンキャンパス情報

第1回8月6日、第2回11月12日 (中学生定員120名)で行われました。

徳山専受験生からのよくある質問

Q0.寮費について教えてください。

  寮にかかる費用

寄宿料 月額 1人部屋800円/2人部屋700円
食費(1日3食) 月額 約38,300円
寮費(光熱水費等) 月額 7,000円
空調機維持管理費 半期 3,000円
入寮費 入寮時 1,000円
寮生会費 年額 1,500円
徳山高専|寮費

※年度途中で金額や徴収方法が変わる場合があります。

※冷暖房、全室Wi-Fi完備です。

コース案内
Img_HighSchool.png
高専受験生
高専を目指す中学生向けに
高専入試対策コースや
高専模試、短期講習など
様々な学習コースをご用意しています。
Img_Student-1.png
現役高専生
現役高専生向けに
大学編入対策コースや
定期試験対策コースなど
様々な学習コースをご用意しています。

入塾すると全5回の
高専模試が全て無料に!

さらに!今入塾すると、
入試まで毎月ず〜っと割引!

\最大9万円もお得に!?/